チーム

Dietmar Haug

Dietmar Haug

修士(法学), 弁理士

修士(法学),弁理士, 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士, シニアIPカウンセル ディトマー・ハウグは、40年以上に渡り知的財産権獲得と保護に携わり、ドイツ国内外の企業、大学、研究機関、民間発明者、スタートアップに対してコンサルティングを行ってきました。特許出願手続きのみならず侵害行為に対する法的措置においても豊富な経験を有し、日本、ヨーロッパ諸国、米国、韓国などの裁判所で証拠獲得手続きに参加しています。担当業界も幅広く、自動車および航空機産業、医療機器産業、紙、繊維、衣料品の製造、プロセスエンジニアリング、コンクリート型具工学、機械および農業工学など多方面から相談を受け、知財獲得と保護業務を担っています。Karo IP入所前は、1981年から2013年までミュンヘンの国際特許法律事務所のパートナー兼共同創設者、2015年以降はKNH PatentanwälteのシニアIPカウンセルとして、ドイツ、イギリス、北米企業の代理人業務に従事。その間、ドイツ特許商標庁、連邦特許庁(BPatG)、連邦裁判所(BGH)、欧州特許庁における出願手続きや訴訟業務に携わりました。
シュトゥットガルト大学で航空工学の学位を取得した後、ロンドンの英国の法律事務所でキャリアをスタートさせ、特許および商標の専門家としてクライアントのコンサルティングに従事しました。その後ミュンヘンに移り、ドイツの大手企業の特許部門で働くことで、企業内の実務を体得しながら弁理士資格を取得しています。ロンドンのクイーン・メアリー・カレッジで知的財産法における学位を取得し、ファーン大学でも知的財産修士号(LL.M.)を取得するなど、アカデミックの面でも一貫して知財を専門としたベテランです。 長年の国際実務経験を活かしながら、現在はkaro IPで日本も含めた国内外のクライアントに対するアドバイス業務に就いています。

メインフォーカス

ドイツ国内に加え、日本、英国、米国及びカナダなどを含めた世界各国の発明者、大学、あらゆる規模の企業に対し、知的財産権全般のアドバイス。具体的には、知的財産権の取得、防御、権利行使に関するアドバイスと手続きの代行。特許、商標、意匠に関するコンサルティングや、知的財産権の有効性及び侵害についての鑑定。侵害訴訟においてはドイツ国内、および諸外国を幅広く網羅し、日本の裁判所でも各種手続きに参加。

テクニカルフォーカス

機械工学、航空工学、ジェットエンジン工学、自動車工学、自動車のクラッチシステム、ラピッドプロトタイピング技術、医療工学、電子部品、抄紙機、コンクリート型枠システム、農業機械、スポーツ・レジャー用具、衣料技術、環境・エネルギー技術。

Eメール: haug@karo-ip.de |
電話: +49 89 2153 0495 0

履歴書 (pdf, 209.3 KByte)