ブログ

Justus Kreuels - 3. November 2022

知的財産デューデリジェンスの意義

知財デューデリジェンス調査では、企業の知的財産の数、種類、および質を分析、評価します。 このような調査は、知的財産 (特許、商標、意匠)が企業価値の重要な部分を占めることが多いため、大規模な 知財ポートフォリオを持つ企業にとって特に重要です。

また、この調査では対象企業に知的財産権が存在するかどうか、存在する場合は、その範囲、コアテクノロジーが適切に保護されているか、紛争が存在するか、そしてノウハウを保護するためにどのような措置が講じられているかを分析します。

また、これらの分析は、知財 ポートフォリオおよび技術に関連する潜在的なリスクを把握するのにも役立ちます。

知的財産デューデリジェンス調査の準備

知財デューデリジェンス調査に必要なのは、取引に関連するすべての無形資産のリストを完全に近い形で準備することです。

これには、出願中および登録済みの知的財産権 (特許、実用新案、商標、意匠)、著作権等が含まれます。

知財デューデリジェンス調査では、異議申立手続きおよび無効手続き、産業財産権の侵害に関する潜在的な、あるいは係属中の手続きに関する情報のみならず、産業財産権のライセンス契約、ソフトウェア、ノウハウおよび 知財 に関連するその他すべての契約に関する情報が重要になります。

対象企業の 知的財産ポートフォリオ評価

対象企業の無形資産の評価は非常に重要です。取引では、知的財産権が利害関係者の焦点となり、企業価値の決定を左右すると言えます。

さらに、知財デューデリジェンス調査による徹底的な分析を行うことで、潜在的な知的財産リスクを特定し、取引の妥当性を適切に評価することができます。

このため出資、企業の売買、知的財産ポートフォリオの売買の際には、デューデリジェンス分析が必ず必要です。

また、企業価値は、出願戦略や知財ポートフォリオの構造などの要因によっても影響を受けるため、特許ポートフォリオの最適化や、企業の 知財戦略を策定するのに、知財デューデリジェンス調査は有益です。

当所は、産業財産権および知財ポートフォリオの売買、ライセンス供与の際の知財デュー デリジェンス評価に長年の経験を有し、分析要件に応じて、弁護士、弁理士からなるチームを構成してクライアントをサポートしています。

Justus Kreuels:



karo IPパートナーである、ユストス・クロイエルスはミュンヘン工科大学およびアーヘン工科大学で機械工学を学び、2011年にドイツドイツ弁理士、2012年に欧州弁理士の資格を取得しました。特にドイツにおけるモバイル通信、モノのインターネット(IoT)、ロボット工学分野での知的財産権に関するアドバイスを行っています。

>> 

>> ブログへ戻る

その他の記事。

インターネット上の知的財産権侵害
Matthias Rößler - 14. December 2022

登録商標の監視
Matthias Rößler - 26. September 2022

特許庁での権利移転登録申請手続き
Justus Kreuels - 29. August 2022

商標の国際登録制度
Matthias Rößler - 27. July 2022

特許調査、特許データベースおよび調査費
Matthias Rößler - 20. April 2022

ドイツの「特許法等改正に 係る特許法の簡素化・現代化のための法律」
Matthias Rößler - 30. March 2022

仮想商品の商標
Justus Kreuels - 28. February 2022

特許性を有する発明:秘密保持契約(NDA)
Justus Kreuels - 17. January 2022

商標権侵害 -税関による国境での差し止め-
Matthias Rößler - 16. December 2021

欧州特許:費用を抑えた欧州出願戦略の最適化
Justus Kreuels - 16. September 2021