ブログ

Matthias Rößler - 27. May 2019

商標の事前調査

事業を成功に導くには、商標権を取得することが戦略的に重要です。 また商標権者は、商標紛争を回避し、市場において第三者の所有権を侵害することなく、また自社製品名を第三者のものと区別することができます。

同一性調査と類似性調査

標識が商標として登録できるかどうかの確認後(商標登録できない絶対的な理由がない場合)、出願済み商標、登録商標に同様のものがないか(文字、ロゴ、サウンドなど)を調べる、いわゆる同一性調査をすることをお勧めします。

将来の商標権者として、開発中のブランドが成功するかどうかを早い段階で見極めるため、類似の登録商標および係属中の商標があるかどうかを調査する、より広範な類似性調査も大切です。他の商標権への侵害リスクを可能な限り減らすため、ドイツ、EU全体、または世界で保護を必要にするかによって、調査を拡大する必要があります。

商標調査に加えて、さらに役立つ調査は、社名、商品名称、ドメインなどの調査です。これは、将来的にこれらの名称が商標登録または将来の使用に支障をきたさないためです。

例:ドイツでの商標登録

出願済み、または継続中のドイツの商標が調査の対象です。 さらに、ドイツで保護効果を有する国際登録商標、登録済みおよび係属中のEU商標もチェックされます。

商標侵害

先に出願した商標権の所有者は、自身の商標の使用を禁止し、使用に対する損害賠償の請求、そして標識が商標として登録されるのを防ぐことができます。

商標権侵害は突如発生する可能性があり、コストもかかります。 高額な手続費用、商標変更費用、また損害賠償請求費用などがこれに含まれます。

インターネット調査

当所ホームページのリンクに、各自オンラインで調査できるプロバイダーをまとめました。 より広範な調査に関しては、調査機関あるいは弁理士に依頼することをお勧めします。 調査料金はさほど掛かりません。

いずれにせよ、調査結果に関しては、商標法に精通している専門家に相談することが重要です。

事前準備を多少の時間を費やすだけで、今後起こり得る多くのトラブルを回避することができます。

Matthias Rößler:



karo IPパートナーである、マティアス・レスラーは、RWTHアーヘン大学で機械工学を学び、2003年以来、ドイツおよび欧州特許弁理士として従事しています。特に大規模な特許ポートフォリオの管理、特許庁および特許裁判所における二国間の法的有効性手続きに関するアドバイスを行っています。

>> 

>> ブログへ戻る

その他の記事。

インターネット上の知的財産権侵害
Matthias Rößler - 14. December 2022

知的財産デューデリジェンス
Justus Kreuels - 3. November 2022

登録商標の監視
Matthias Rößler - 26. September 2022

特許庁での権利移転登録申請手続き
Justus Kreuels - 29. August 2022

商標の国際登録制度
Matthias Rößler - 27. July 2022

特許調査、特許データベースおよび調査費
Matthias Rößler - 20. April 2022

ドイツの「特許法等改正に 係る特許法の簡素化・現代化のための法律」
Matthias Rößler - 30. March 2022

仮想商品の商標
Justus Kreuels - 28. February 2022

特許性を有する発明:秘密保持契約(NDA)
Justus Kreuels - 17. January 2022

商標権侵害 -税関による国境での差し止め-
Matthias Rößler - 16. December 2021

欧州特許:費用を抑えた欧州出願戦略の最適化
Justus Kreuels - 16. September 2021