従業者発明

従業者発明法

従業者がその職務の枠内で発明を行うことは珍しいことではありません。しかし、誰に発明の権利が属するのかをすべてのケースで直ぐに判断できるとは限りません。このような場合に法的安定性を保証するため、ドイツでは従業者発明法が定められています。この法律の目的は、権利と義務をバランスよく分配して、従業者発明に関する雇用者と従業者の利益を合理的に調整することにあります。

従業者発明法とは何か?

従業者発明法は「発明者主義」を基盤としており、原則として、発明者が発明に対する権利有するということになっています。しかし、従業者は雇用関係においてなしたすべての発明について雇用者に報告し、場合によってはその発明を雇用者に譲渡する義務があります。その後、雇用者は、このいわゆる「サービス発明」または従業者発明と呼ばれる発明を要求したり、束縛せずに開放したりすることができます。

実際にどのように機能するのか?KARO IPの専門家は、国際企業における従業者発明法の問題について、コンサルタントとしてその専門知識に基づいて定期的にご相談に応じており、従業者発明の取り扱いに関する複雑な法律をいくつかの行動や課題へと要約できるプロセスを開発しました。

コンタクトパートナー