雇用者

従業者発明法 ‐ 会社の負担か?

私たちは、経験上、雇用者が往々にして、従業者発明法は厄介だと感じていることを知っています。法規制に従うための費用と管理の負担は通常は大きいものですが、その割には、従業者のやる気を引き出すというよりは、不満の原因となっています。

従業者発明法 ‐ どのように扱うか?

私たちの経験から言えることは、企業において従業者発明法が高いレベルで受け入れられるためには、従業者発明に対する報酬についての合理的かつ透明なシステムがポイントだということです。そのようなシステムにおいて、経済的な利益だけが従業者のモチベーションに貢献するわけではありません。発明が迅速にかつ成功裏に実施される事実、従業者が企業において技術革新のリーダとして尊重される事実もまた、モチベーションとコミットメントを高いレベルに向上させるものです。 Karo IP 特許事務所は、従業者発明について、中小企業及び大規模企業にアドバイスしています。このため、私たちは、最適なシステムにおいて、実施が簡易であって費用が高くなく、そして、従業者のモチベーションを上げるために、従業者発明法に整合するようにどのように社内規定をデザインするべきかを知っています。私たちは、皆様が適切なシステムを構築して、従業者発明に関連する日々の仕事に取り組むことについて、喜んで私たちの専門性を活用します。

コンタクトパートナー