バイオテクノロジー

バイオテクノロジーにおけるイノベーションの特許性

生物学とバイオテクノロジーでのイノベーション、またはこの分野での特許性には、立法機関の厳格な指針が適用されます。ライフサイエンス分野では法律で定められた特許付与対象からの除外事項が大きな役割を演じ、弁理士にとって大きな課題となるところです。この問題に対処するためには、優れた専門家の知見と、欧州特許庁(EPA)及びドイツ特許商標庁(DPMA)サイドの現在の決定実務に関する最新の知識が常に必要となります。

バイオテクノロジー

バイオテクノロジー分野での発明を弁理士と共に確保する

生物学的材料の供託、シーケンシング法、薬学分野のテーマ、または工業バイオテクノロジーに関するあらゆる疑問に対しては、バイオテクノロジー分野を専門とする当所の弁理士が、その長年の経験を活かしてお客様にアドバイスいたします。

ライフサイエンス分野における特許権に関するコンサルティング

Karo IP特許事務所では、さらに自然科学のこの分野におけるスタートアップ企業のコンサルティングも重視しています。このコンサルティングでは、長期にわたることもあるバイオテクノロジーの発明を商品化するまでの時間と、それに伴う特許取得プロセスの費用を正しく見積もるための予測可能性と費用管理が非常に重要な要素となります。この分野に関しては、弁理士クリスティアン・ブルジョワ博士イングン・ブルナー博士、弁理士 が特筆すべき専門能力を有しています。

コンタクトパートナー