物理学

物理学におけるイノベーションとその潜在的可能性

物理学の基礎研究からは、市場で大きく成功する可能性を秘めた応用分野が頻繁に生まれています。多数の例のうちの一つは、データ保存を目的とした磁気抵抗効果のハードディスクへの応用です。基礎的な物理学的効果を効果的かつ有効に保護することができます。発見自体を保護することはできませんが、このような発見に対しては特許保護が可能です。

物理学

応用物理学における特許戦略

投資対効果(ROI)を実現するために、多大な投資と結びついた基礎研究を有効な形で保全することができます。しかし、20年に限定された特許権存続期間と、存続期間が進むにつれて累進的に高くなる特許権維持料を過小評価すべきではありません。Karo IP 特許事務所では、物理学の分野で時間的及び費用技術的局面を考慮して、発明の経済的可能性に適合した特許戦略を開発することを課題そして挑戦目標であると考えています。

物理学的発明に対する工業所有権

Karo IP 特許事務所は、物理学的発明の工業所有権取得に関して長年にわたる経験を有しており、特許法の特異点についても熟知しています。物理学自体に対して特許を取得することはできませんが、物理学的基礎効果を早期に認識することによって、この目標の非常に近くまで到達することができます。 この分野に関しては、当所の弁理士 と弁理士ヘルマン・カールヘーファーが特筆すべき専門知識を有しています。両者とも物理学者で、物理学分野の発明を熟知しています。

コンタクトパートナー