意匠保護

意匠保護とはなにか?

最近、ドイツ意匠法が改正されて、新たな意匠法になりました。新意匠法では、意匠は製品の外観の全体又は一部の平面又は立体形状です。新規性と単一性を満たす意匠は、保護を受けることができます。意匠が登録されれば、意匠権による保護が開始されます。

意匠保護は技術的な製品にも適するか?

意匠権による保護が有効なのは、芸術的なデザインに限りません。製品の外観において、技術的な面と共にデザイン面が役割を果たしている場合には、意匠権による保護がお勧めです。このため、意匠による保護は、一般に考えられているよりも、ずっと広範です。ビジネスの成功に貢献するという点で、意匠は特許や実用新案と同様で、しかも、特許や実用新案のような他の技術的な産業財産権よりも、往々にして、意匠は権利行使が容易で費用対効果が大きいのです。 私たちは、純粋に芸術的なデザインと技術的な製品に関するデザインの双方において、経験があります。後者の分野においては、意匠権による保護には、特に大きな可能性がありますが、これまで、十分に利用されていませんでした。私たちは、この産業財産権の可能性を最大限有効に使用するために喜んで皆様のお手伝いをさせていただきます。

コンタクトパートナー