特許

特許 ‐ それは何か?

特許は、技術的な創案についての産業財産権です。広範な世界的なシステムによって、発明者や特許出願人は、世界中で発明の保護を受けることができます。特許出願や審査を担当する特許庁は、ほとんどすべての国にあります。

特許による保護 ‐ どのくらいの期間か?

ドイツと欧州においては、他の多くの国と同様に、特許は出願日から最長で20年間保護されます。この期間、特許権者は、競合他社がその特許で保護されている技術を使用することを禁止でき、独占状態を維持できます。

特許権を得る方法は?

特許を取得するためには、まず、特許庁に特許出願をする必要があります。当所の特許弁理士は、特許出願書類の作製の専門家なので、お客様との密接な打合せを踏まえて、発明を適切に保護することができます。そして、特許出願書類は特許庁に出願されます。ドイツで特許の保護を得るために、関連する役所は、ドイツ特許商標庁と欧州特許庁です。特許出願をしても、直ちに、一般に知られるようになるわけではなく、通常は18か月後に公開されます。特許出願人は、この期間を利用して、競合他社にその特許出願を知られることなく、その創案をさらに改良することができます。 特許出願人は、この18か月の期間においても、将来保護されそうな範囲について、特許庁から最初の情報を得ることができます。この重要な情報によって、技術の保護を状況に合わせて広げることが可能になります。特許審査手続の結論によって、特許が認められます。この時点から、特許を侵害する競合他社に対して、差止や損害賠償を請求することができます。

外国における特許保護は?

加えて、特許出願された後、12か月の間、特許出願人は、同じ発明について、外国に出願すべきか否か、どの範囲の国に出願すべきかを検討することができます。この期間に、その発明の潜在的な経済的効果と、産業財産権のポートフォリオのための許容可能なコストを集中的に分析すべきです。これとの関連で、私たちは、私たちの専門性を活用して、産業財産権の有用性についての評価のお手伝いをします。

費用は?

特許出願に関連する費用の管理については、お客様のご要望に応じて、様々な方法があります。例えば、特許されるべき技術が実際に費用との関連で意味があるのか否か不明であれば、それが明確になるまで、特許出願の係属期間を引き延ばすことができます。さらに、国際的な特許システムは、必ずしもすべての国において、特許が改めて審査される必要がないようになっています。

コンタクトパートナー