欧州裁判所の手続

欧州特許裁判所を作る理由は?

現在、欧州全域についての統一的な特許保護は、欧州特許条約(EPC)に基づく欧州特許庁(EPO)によって付与される欧州特許による以外はありません。特許が認められた後、欧州特許は各国ごとの産業財産権の束になります。その結果、特許維持年金は、欧州特許の各指定国ごとに別々に支払う必要があります。さらに不利な点は、多くの国(例えば、イタリアとスペイン)において、欧州特許を関連する国の言語に翻訳する必要があることです。

特許権者のための変更?

将来、欧州特許庁において、すべての欧州共同体諸国において統一的な効果を有する欧州特許を出願することができるようになります(現状では、イタリアとスペインはこの決定から除外されている)。これは、特許出願人に、費用においてより効果的な特許管理及び維持システムを提供することを目的としています。欧州特許は、欧州共同体内において、統一的なリーガルシステムによって権利行使することができます。このリーガルシステムは、この目的のために、ロンドン、パリ、ミュンヘン及びルクセンブルクに特別に設立された欧州特許侵害裁判所を構成要素とします。

裁判所はいつスタートするのか?

この欧州特許システムが最終的に確立するまで、しばらくの時間がかかるでしょう。具体的には、費用に関する様々な点について、まだ規定されていません。しかし、Karo IP Professionals 特許事務所は、既に、新システムへの準備をしています。今でさえ、ディトマー・ノイマンとマティアス・ロセラーは、双方とも特許弁理士ですが、彼らの法学修士号(LL.M.)のおかげで、これらの裁判所で代理する資格が確保されています。将来においても、私たちは、欧州において途切れることなくお客様の利益を保護することができます。

コンタクトパートナー